February 16, 2005

トラックバックの光と影 〜 トラックバックの何が問題なのか 〜

みなさん、こんにちは。
超・超初心者のためのウェブログクリニック
院長 阿部龍太です。

さて、先日あなたは、ブログを立ち上げ、
あなたのお好みの状態で、ブログの設定までされましたね。

あなた:「ようし、ついに初投稿だね。
     何について書こうかな〜♪」

そのやる気をそいでしまって大変申し訳ないのですが、
まだ一つ、心に留めていただかないといけないことがあるんです。

あなた:「またぁ?今度は何だよ〜 \(`皿´)/」

す・・・すみません。
でも、ほんとうに、大切なことなんです。
ですから、がまんして聴いてもらえませんか?

あなた:「ちぇっ、わかりましたよ。で、大切なことって何なんですか?」

はい、それは
トラックバック
なのです。

あなた:「へ?トラックバックなんて、みんな普通にやってるじゃん
     何がいけないのさ。」

いけないことはありません。
トラックバックは、とてもいい機能ですし、
僕もどんどん使ってほしいと思います。
しかし、そこに大きな問題があるのです。
みんなが「普通にやっている」ことが。


あなた:「ちょっとちょっと、もったいつけないで
     早く話してよ」

わかりました。
では、ある例えを出して、お話します。

あなたは、コンビニの店長さんです。
売り上げもなかなかいい感じ。
もっとお客さんと仲良くして、地域密着をはかろうと、
最近お店の前に「お客様の声掲示板」を作りました。

お客さんはお店の感想などを書いてくれます。
また、常連さんは、
「その商品を使ったらこうなったよ」
と、宣伝をしてくれたり、
「ウチではこんなことをしています。」
と、お互いに情報交換をするようになってきました。

また、雑誌やテレビに取り上げられたりして、
ますますたくさんのお客さんが来てくれるようになりました。
あなたは「こりゃあいい。地元のみんなでもりあがれるぞ」と ニコニコ顔です。

しかし、月日がたち、あなたは「何か変だぞ」と
思うようになりました。

お客さんのいこいの場だった掲示板には、
なんだかよくわからない会社の広告が知らないうちに
たくさんべたべたと貼ってあります。
お客さんもそれを見て、
「なんだか僕らの声を載せにくくなっちゃったよ」と
掲載を敬遠してしまうようになりました。

荒れだすと、さらに荒れるのが人間の性。
怪しい商品の広告や、
アダルト広告まで勝手に掲載されるように
なってしまいました。
お客さんはそれを見て、
「あの店、なんだかあぶないね」と
お店に来てくれなくなってしまいました・・・

「こんなはずじゃなかったのに」
あなたはがっかりです。

あなた:「・・・この話が、どうトラックバックと関係あるのさ?」

はい、まずこの話の「あなたのお店=あなたのブログ」です。
そして、「お客様の声掲示板=コメント・トラックバック欄」です。
そこに掲載されている「お客さんの声や意見交換」、そして
「知らないうちに貼られた変な広告」がトラックバック記事です。

大切なことなので、もう一度言います。
トラックバック(ここではお客様の声や広告)はとてもいいものです。
あなたのお店(=あなたのブログ)、そして地域(=ブログ全体)の
発展化につながりますから。

また、
「トラックバックは、あるブログの記事に関連する記事を
 書いた時に、初めて行うべきだ」
こういう意見もあります。
しかし僕は「関連しない記事だって、
今後何かの機会で関連してくるかもしれない」
そう考えていますので、関係ない記事のトラックバックも問題ないと考えています。

しかし、「明らかに自分のブログへアクセスを稼ぎたい」
という意思「のみ」が見えるトラックバックがあります。

これが問題なのです。(ここでは、勝手に貼られた変な記事)

以前、あるインターネットマーケティングをしている人が
こう言っていました。

「トラックバックは人の流れを作る。だからとにかく、
 たくさんやった人の勝ちだ」
そして実際に、一日何十件も自分の記事にトラックバックを
無差別にしていました。

あなたは、これについて
どう思われますか?

もちろん、トラックバックをされるのを
歓迎してくださる方もいらっしゃいます。
「見てくれてるんだ」って、嬉しいですよね。
でも、その逆に感じる人もいるんです。

僕は仕事がら、ビジネスへのブログの応用について
よくアドバイスをさせてもらっているのですが、
「ブログを作ったら、とにかくトラックバックをすればいい
 そうすれば客はたくさん集まってくる」
そう考えておられる方がけっこういらっしゃいます。

それは、間違いではありません。
しかし、それにより失うものが何か、おわかりになりますか?

そうです。「信頼感」です。
ビジネスをする上で、何よりも大切なものです。
いや、ビジネスだけじゃないですね。
生きるうえでも、必要不可欠なものです。
その時だけ売り上げが上がっても、長い目で見たら
いかがでしょうか?

「トラックバックをするな」
と言っているわけではありません。
「トラックバックをする時は、相手のことを考えて
 真剣にやりましょう」
僕は、そう言っているのです。

例えば、トラックバックと一緒にコメントも書くとか、
自分のブログでちょっと紹介してみるとか。 そんなことでいいんです。

成功哲学でよく言われますよね。
「自分が何かほしければ、まず、相手に与えなければならない」
これは何も実際の人間関係に限ったことではありません。

インターネットの世界のコミュニケーションも
実際の世界のコミュニケーションもまったく同じもの。
僕は、そう考えています。

これからブログを始めるあなたには、
このことをおわかりになっていただきたいのです。
そしてその上で、トラックバックをどんどん使ってほしいのです。

偉そうに言ってしまってすみません。
でも、僕はあなたに
「ブログを通じて、人生を豊かに」
していただきたいのです。
「信頼感」がないのに、人生が豊かになるでしょうか?
あなたなら、もう、おわかりですよね。

あなたのブログがより充実して、
そしてあなたの人生もより充実することを
祈っています。

ブログ超・超初心者のための ウェブログクリニック
院長 阿部 龍太


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryuta19760223/14475056
この記事へのトラックバック
こんにちは。 <人気blogランキング> もしよろしければ、ここをクリックして、 このブログの今の順位を確認してみてください。 (今は20位くらいでしょうか。応援ありがとうございます!) 先日、私のもう一個のブログ(幸せな成功に向かって走り出そう!)で、 .
このブログへのトラックバックについて
【人気ブログ(blog)ランキングの順位を上げたい人、この指とまれ!】
at February 26, 2005 10:11
この記事へのコメント
ビジネスに例えていたので、トラックバックをどう使うものか良く分かりましたw
確かに信頼を失うというのは、イタイですね。
今後よく考えて、トラックバックにも挑戦してみます。
Posted by mark at February 17, 2005 17:31
いつもながら院長の解説は為になりっぱなしです。
これからも、勉強させていただきます。
Posted by てっと君 at February 17, 2005 19:34
名刺の代わりにお邪魔したらトラックバック
その考えも悪くないのだろうけど・・・
阿部さんのおっしゃるように『宣伝だけ』
相手を勝たせるという部分が忘れられてしまうと・・・
荒らしと思われないためにも
迷惑トラックバックにならないように気をつけます(汗)
Posted by ヤッチ・・・ at February 17, 2005 20:23
今回のたとえが、とっても
わかりやすかったです。

他人の変な広告!
Posted by 栗原 at February 17, 2005 20:54
院長先生、私は「大切な仲間たち」という
リンク・コーナーを作っています。
ここにあるブログが私の
「応援リストの一つ」でもあります。
時間のあるときは「コメント」も
残せるのですが
時間のないときは「トラックバック」で
応援してます。
「ちゃんと見てますよ」って。
もっと、時間のないときは
「応援」だけでトラックバックをはりません。
余裕のないときは自分のブログの記事を
書くだけで精一杯のこともありました。
「応援してますよ」という意味の
トラックバックは、どう思いますか?
私のブログは「大切な仲間達!」のブログと
内容がかけ離れています。


Posted by くすり屋さん at February 18, 2005 01:09
こんばんは。そして初めまして。
「人気ブログ(blog)ランキング」がよくわからなくて、
いろいろ見ているうちに 院長先生のBlogを発見し、最初からこの記事まで読んだところです。
初めてトラックバックを頂いた頃のことを思い出しました。(その時 私はExciteのBlogでした。)
TBの知識がなくて、わけがわからず、混乱してしまったこと。。
私のBlogの名前やURLが載っていなくて、一方的に思えて、その方のBlogにはコメントする気にならなかった・・。
このことがあって、私がTBするときは相手先のタイトルを明記し、リンクを貼るようにしています。

先生の記事、とても引き込まれます。
そして、勉強になります。
LivedoorのBlogは2月に始めたのですが、サイドバーの使い方(リンクなど)がよくわからなくて とまどっています。
これから勉強させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

初めてのコメントなのに長々と書いてしまいました。

kazu
Posted by kazu at March 12, 2005 01:33