February 08, 2005

ブログコーディネイトのカギ 〜CSSというもの〜

先日まで、「ブログの持つ4つの画面」について
お話させて頂きました。
4つの画面を効果的に使うことが、大切なのですよと。


そして、そのカギとなるのが「CSS」なのです。

あなた:「なんだよ、また得体の知れない、どこぞの馬の骨とも知れぬやつが
     現れちゃったな」

う、馬の骨・・・
ま、まあ、そうおっしゃらずに、聞いてくださいませ。

CSSは
「Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)」
の略語です。
歴史や詳細については、ここでは書きませんが、
どんなものかと一言で言いますと、

ホームページの色や文字、配置などのデザインを指定できるもの

なのです。
(もちろん、もっとスゴイ力を秘めていますよ)

実はCSSは、プロのWEBデザイナーにも、ここ数年までそんなに
注目されていませんでした。
正直、CSSがなくても何とかなったのです。
でも正直な話、SEO(検索エンジン最適化)の複雑化など、
ただキレイなWEBサイトを創ればいい、という時代ではなくなってきました。
そういう意味では、
「CSSを制するものは、世界を制す」と言っても
過言ではない・・・のかもしれません。

え?「言い過ぎだ」ですって?
やっぱり、ダメでしたか・・・

ととと、とにかくですね、
これからブログコーディネートを進めていく上で
CSSを見たり、触ったりする機会がとても多くなります。
ですから今は、「あぁ、そういうものがあるんだ」とだけ
気にとめておいてくださいね。

今日のまとめ

「CSSが、ブログコーディネイトのカギ。」

次回は、ついにブログをいじりだしますよ〜
第一回「文字の大きさを変えてみよう」に
ご期待ください。

ブログアドバイザー 阿部 龍太


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryuta19760223/13873504
この記事へのコメント
すご〜い勉強になります。
本当に全然知らないことばかりでどうにかしないとと思うのですが、思うように替えられないのが現状です。

もっと”バカでもわかる、猿のブログ”作ってください。お願いします。

シェア参考になりました。
Posted by 片桐 宣幸 at February 08, 2005 17:55